レビュー

Rittor Music Portにて『アーサー・ラッセル』紹介!!

  • 2010.08.26
 
アーサー・ラッセル青野さん のレビュー

Dinosaur(ダイナソー)名義で1978年に世に出たこの曲は、実質的にはArthur Russell(アーサー・ラッセル)の初めての商業的作品であり、また自身初のリーダー作でもある。先頃発売された『アーサー・ラッセル -ニューヨーク、音楽、その大いなる冒険』(ティム・ローレンス著・山根夏実訳・野田努監修 P-Vine BOOKS刊)によれば、インドやアフリカ、バリのガムランなどを研究し、その反復性に着目していた音楽家Arthur Russellは、ニューヨークのディスコ「The Gallery」を通じてディスコミュージックの反復性にも敏感に反応し、その熱気やエクスタシーを文字通り肌で感じて、「The Gallery」を運営していたNicky Sianoにレコード制作を持ちかけたそうだ。

関連書籍:
アーサー・ラッセル
ラヴ・セイヴス・ザ・デイ
  • 書店様及び弊社商品お取扱い関係者様へ
  • TOUR DREAMS
  • アート・オブ・スパイダーマン:スパイダーバース
  • スパイダーマン:スパイダーバース
  • tulle(チュール)
  • BLUES & SOUL RECORDS 予約購読キャンペーン
レビューのバックナンバー
TO PAGE TOP