レビュー

片岡義博の新刊リヴューにて『ラップのことば』紹介!

  • 2010.05.24
 
ラップのことば片岡義博さん のレビュー

好きではないが気になる、というものがある。日本語ラップがそうだった。当初日本じゃ無理だと侮っていたが、登場から四半世紀を経てじわじわとポップスに浸透し、今やしっかり根を下ろしている。どういうことだ?PES(RIP SLYME)、BOSE(スチャダラパー)、Zeebra、SEAMO。新しい音楽ジャンルを開拓してきた新旧15人のラッパーたちが、その音楽的ルーツから作詞術、ラップ論までをたっぷり語った。

関連書籍:
ラップのことば2
ラップのことば
  • 書店様及び弊社商品お取扱い関係者様へ
  • TOUR DREAMS
  • アート・オブ・スパイダーマン:スパイダーバース
  • スパイダーマン:スパイダーバース
  • BLUES & SOUL RECORDS 予約購読キャンペーン
レビューのバックナンバー
TO PAGE TOP