お知らせ

12/9(火)下北沢B&Bで『新しい音楽とことば』刊行記念

  • 2014.11.28
  •  
 
新しい音楽とことば帯なし 磯部涼×中矢俊一郎×さやわか×飯田一史×田中宗一郎
「『新しい音楽とことば』インタヴュアーたちが語る歌詞論2014」
『新しい音楽とことば』刊行記念

「歌詞がつまらなくなった」とも嘆かれる日本のポップスですが、社会のリアリティが変容するとともに、歌詞が持つリアリティも変容し、ついていけなくなった人がいるにすぎないのかもしれません。

そんな中、タイプの異なる13人の音楽家たちの作詞術に迫り、歌謡曲やJ-POPの黄金時代が終わった後の “歌のことば”を探ったのが、『新しい音楽とことば』というロング・インタヴュー集です。

本書を監修した磯部涼さんと、実際に音楽家に話を訊いたインタヴュアーのみなさんが、取材の裏話なども交えつつ、“新しい音楽とことば ”についてとことん語り合います!


出演
磯部涼(音楽ライター)
中矢俊一郎 (フリーライター、編集者)
さやわか(ライター、評論家)
飯田一史(ライター、編集者)
田中宗一郎(音楽評論家)


磯部涼(いそべ・りょう)
1978年生まれ。音楽ライター。主にマイナー音楽や、それらと社会との関わりについてのテキストを執筆し、2004年に『ヒーローはいつだって君をがっかりさせる』(太田出版)、11年に続編『音楽が終わって、人生が始まる』(アスペクト)を刊行。その他、編著に風営法とクラブの問題を扱った『踊ってはいけない国、日本』『踊ってはいけない国で、踊り続けるために』(ともに河出書房新社)、共著に九龍ジョーとの『遊びつかれた朝にーー10年代インディ・ミュージックをめぐる対話』(Pヴァイン)がある。

飯田一史(いいだ・いちし)
1982年、青森県生まれ。ライター、編集者。定量調査とインタヴ ューに基づく若年層リサーチも手がける。 主な活動分野はニコ動、ネット小説、ラノベ関連。著書に『ベストセラー・ライト ノベルのしくみ』(青土社)、共著に『虚淵玄Lives』(河出書房新社)、『ポストヒューマニティーズ 伊藤計劃以後のSF』(南雲堂)などがある。

さやわか
ライター、評論家。「クイック・ジャパン」「ユリイカ」等で執筆。「朝日新聞」他で連載中。関心領域は物語性を見いだせるもの全般で、小説、漫画、アニメ、音楽、映画、演劇、ネットなどを幅広く 評論。著書に『僕たちのゲーム史』(星海社新書)、『AKB商法とは何だったのか』(大洋図書)。近著に『一〇年代文化論』(星海社新書)がある。

中矢俊一郎(なかや・しゅんいちろう)
1982年、名古屋生まれ。「スタジオ・ボイス」編集部を経て、現在はフリーの編集者/ライターとして「TRANSIT」「サイゾー」などの媒体で暗躍。音楽のみならず、ポップ・カルチャー、ユース・カルチャー全般を取材対象としている。編著に『HOSONO百景』(細野晴臣著/河出書房新社)。ミツメというバンドに実弟が在籍。



「『新しい音楽とことば』インタヴュアーたちが語る歌詞論2014」
日 時:2014/12/09 [火] 20:00~22:00 (19:30開場)
場 所: 本屋B&B
    東京都世田谷区北沢2-12-4 2F
前 売:1500+500yen 1drink
ご予約: http://bookandbeer.com/blog/event/20141209_atarashiiongaku/
関連書籍:
新しい音楽とことば
  • 書店様及び弊社商品お取扱い関係者様へ
  • TOUR DREAMS
  • アート・オブ・スパイダーマン:スパイダーバース
  • スパイダーマン:スパイダーバース
  • BLUES & SOUL RECORDS 予約購読キャンペーン
お知らせのカテゴリー
お知らせのバックナンバー
TO PAGE TOP