マガジン
クッキー・シーン 35

side-A (March) cover STEREOLAB
side-AA (February) cover SAVATH & SAVALAS

front long interview: SAVATH & SAVALAS (side-AA cover artist)
プレフューズ73名義の活動でおなじみスコット・ヘレンによるユニット、サヴァス&サヴァラスのセカンド・アルバムが、ワープからリリースされました。ミックスを手掛けたのはジョン・マッケンタイア。新しく女性シンガーをフィーチャー、デュオ・ユニットとなったサヴァス&サヴァラスの新しい方向性とは?

front long interview: STEREOLAB (side-A cover artist)
一昨年の悲しい出来事を乗り越え、昨年EPを発表したステレオラブが、ついにニュー・アルバムを完成させました。これまでの彼らのアルバムの中で、最もグルーヴィーかつキャッチーな傑作になってます。彼らはいかにしてこの場所に至ったのか? 中心人物ティム・ゲインがたっぷり語ってくれました。

front long interview: YO LA TENGO
昨年末に来日し、素晴らしいステージを披露してくれたヨ・ラ・テンゴ。もう20年近いキャリアを誇る彼らが今も実に新鮮な音楽を届けてくれる様は、音楽そのものにも負けないくらい感動的だったりします。そんな彼らの根本的姿勢にさえ迫る、中心人物アイラのロング・インタヴュー(連載コラム・ページでは、アイラの「サイン・ボール」プレゼントあり!)。

special features: GLASGOW REVISITED
BMXバンディッツが7年ぶり、ユージン・ケリーが8年ぶりのオリジナル・アルバムを発表。一方では驚異の新人フランツ・フェルディナンド(34号にインタヴュー掲載)が登場するなど、グラスゴーがまた騒がしくなってきました。BMX「復活」の影の立て役者であるフランシス・マクドナルドやユージン・ケリーらのインタヴュー、BMXバンディッツ人脈図などを通して、グラスゴー・シーンの一面に迫ります(ベル・アンド・セバスチャンのチケット・プレゼントあり!)。

special features: MY BLOODY VALENTINE / SHOEGAZER / DREAM POP
昨年あたりからただならぬ盛り上がりを見せるシューゲイザー再評価の波。シューゲイザーとは何だったのか? それは「現在」に、どうつながっているのか? 様々な切り口から迫ります。『ラヴレス』発表直後に行われたマイ・ブラッディ・ヴァレンタイン(ケヴィン・シールズ)の貴重な未発表インタヴューも全文掲載!

special features: Rough Trade File Vol.2
ラフ・トレード・レーベルの全貌に迫る連載企画の第2回。久々のニュー・アルバムのリリースを控えたニッキ・サドゥン(クリエイションからもアルバム出してましたね)のインタヴューあり。彼が、あのスウェル・マップス(近々アルバムが再発!)について語ってくれました。80年代にラフ・トレードからアルバムを出していたUSバンドに関するミニ特集もあります。

voices & reviews: THE BANDITS, ANDREW WEATHERALL, THE SHINS etc.
クッキー・シーンの後半は、大量のインタヴュー&レヴューをつめこんだ「ヴォイシズ・アンド・レヴューズ」。例えば、こんなアーティストの発言が楽しめます(プロモーション来日して招待者オンリーのライヴを行う、ラフ・トレードの新たな刺客、ザ・ヴェイルズのチケット・プレゼントについては、レヴュー・ページを見て下さい!)。
JOHN SQUIRE, THE BANDITS, MARIA SOLHEIM, MOTORPSYCHO, IT'S JO AND DANNY, SWAN DIVE, AUDIO ACTIVE, ANDREW WEATHERALL, ZONGAMIN, AIR, ADVENTURE TIME, TV ON THE RADIO, THE SHINS, BURNSIDE PROJECT, DUB NARCOTIC SOUND SYSTEM, THE MICROPHONES, GHOST, BEIRUT 5, 赤犬, OORUTAICHI, OCEANLANE, THE MOONIES, ASKIL HOLM, EXPLOSION IN THE SKY, MASERATI, JULIE DOIRON, HER SPACE HOLIDAY and more...

regular pages:
トリトメのない音 by 大竹伸朗
図説図星相関図図鑑 by 増子真二 from DMBQ
Sometimes you win, sometimes you lose by 中嶋勇二 & IRA KAPLAN from YO LA TENGO
US Indie Labels Guide by 小林英樹
etc.
special compilation CD『Radio Cookie Scene』Vol.16
01. EUGENE KELLY / I'm Done With Drugs 2:52
02. PIA FRAUS / 400 & 57 3:55
03. HOUSTON AUTOMATIC / Just Give Me This 3:05
04. ADVENTURE TIME / General Midi Vs. Rusty 4eyes 2:23
05. OORUTAICHI / Beshaby 5:08
06. IT'S JO AND DANNY / The Sooner 3:57
07. SPARKLING SQUALL / I Fly To The Moon 3:39
08. BMX BANDITS / Love At The Hop (Acoustic Live) 2:45
09. JEN WOOD / I Could Have Saved You 4:31
10. ASTRID / Suitable For Frequent Use 2:49
11. THE SHINS / Saint Simon 4:20
12. GHOST / Piper 6:42
13. OCEANLANE / Sign 3:01
14. DIRECTORSOUND / Fanfare For Your Museum Of Choice 2:49
15. DUB NARCOTIC SOUND SYSTEM / Joint Joint 4:51
16. ZONGAMIN / Painless 3:38
17. TV ON THE RADIO / Young Liars 5:10
18. JUKE/19 / 2/19 0:57
19. JUKE/19 / 4/19 1:03
20. JUKE/19 / 11/19 0:49
21. BEIRUT 5 / End Of Violence 4:00
22. THE MOONIES / I Would Give It Up All For Your Love 2:08
total time : 74:40

関連書籍:
マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン Loveless
ピンク・フロイドの狂気
ピンク・フロイドの神秘
北欧 POP MAP スウェーデン編
北欧 POP MAP アイスランド、ノルウェイ、デンマーク、フィンランド編
アワ・チョイス
USインディ・ポップ・マップ
関連マガジン:
クッキーシーン 78<br />【取扱い最終号】
クッキーシーン 77
クッキーシーン 76
クッキーシーン 75
クッキーシーン 74
クッキーシーン 73
クッキーシーン 72
クッキーシーン 71
クッキーシーン 70
クッキーシーン 69
クッキーシーン 68
クッキーシーン 67
クッキーシーン 66
クッキーシーン 65
クッキーシーン 64
クッキーシーン 63
クッキーシーン 62
クッキーシーン 61
クッキー・シーン 60
クッキー・シーン 59
  • 「新編 代官山17番地」 ハービー・山口 / 著
  • キング・クリムゾン・ディレクトリー
  • 横浪修×前野健太が
  • SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬
  • ソール・ライター写真集 WOMEN
  • 丸屋九兵衛が選ぶ、2パックの決めゼリフ"
  • tulle(チュール)
  • BLUES & SOUL RECORDS 予約購読キャンペーン
発売月
書籍ランキング
1 良い写真とは? 撮る人が心に刻む108のことば 良い写真とは? 撮る人が心に刻む108のことば
ハービー・山口 / 著
2 新編 代官山17番地 新編 代官山17番地
ハービー・山口 / 著
3 ソール・ライター写真集 WOMEN ソール・ライター写真集 WOMEN
ソール・ライター / 著
4 3日でまわる北欧 in ヘルシンキ 改訂版 3日でまわる北欧 in ヘルシンキ 改訂版
森 百合子 / 著
5 はじめまして、東台湾。 はじめまして、東台湾。
矢巻 美穂 / 著
集計期間:2019/1/9~1/15
  • 「エイリアン・ サバイバル・マニュアル」特設サイト
  • 電子書籍
  • BLUES&SOUL RECORDS
  • BLUES&SOUL RECORDS WEB
  • tulle(チュール)
  • EYESCREAM
  • EYESCREAM.jp
  • bmr.jp
  • SPACE SHOWER STORE
  • メディア関係者の方へ
TO PAGE TOP