書籍
コテコテ・サウンド・マシーン
コテコテ仕掛人が、再び時代を震撼させる!
ジャズ〜ソウル〜ファンク〜ブルース〜邦楽を縦断する音楽ジャーナリスト、原田和典
“Grooveの真髄”に迫る入魂の最新書き下ろしソロ著作


 1995年に季刊ジャズ批評別冊として発売された『コテコテ・デラックス〜GROOVE, FUNK & SOUL』は従来の音楽ファンから殆ど注目されていなかったオルガン・ジャズ、ソウル・ジャズ、ホンカーなどの作品を中心に紹介した画期的なガイドブックとして大好評を得た。そして99年には改訂版『元祖コテコテ・デラックス〜GROOVE , FUNK & SOUL』が発売され、ヒップホップやクラブミュージックのファンを含む幅広い層に支持されてきた。
 新刊『コテコテ・サウンド・マシーン』は、主に1950〜60年代のレコード約500枚を短いコメントと共に紹介した『デラックス』とは異なり、2018年リリースまでの傑作100枚を長文で丁寧にガイド。さらに約200枚の関連盤も取りあげて、各アーティストの作品と魅力を広く深く紹介している。また全頁カラーで紹介、曲目、録音データ、プロデューサー名も可能な限り掲載し、資料性を高めた。
 さらに、巻末には特別企画として「コテコテ・トーク Round 1〜Round 3」を掲載。DJ Sikisimaとしても著名な角界一の音楽通である浦風親方、クレイジーケンバンド他で活動するミュージシャンの高橋利光、私立恵比寿中学やWHY@DOLL等の音作りも手がける作曲家/プロデューサー/DJ吉田哲人との、対談形式によるファンキーなコラボレーションも大きな読み物となっている。

[著者]
原田和典(はらだ かずのり)
弱冠19歳のデビュー以来、ジャズ雑誌『ジャズ批評』編集長、1000点以上のCDやLPライナーノーツ(解説文)、数々の著書の執筆監修などで活躍、N.Y.の名門ジャズ・クラブ 「Blue Note」 の姉妹店「ブルーノート東京」ライブ・レポートでも健筆をふるう。「雑文エンタテインメント」を標榜し、「ポップ、ファンキー、キャッチー」をポリシーに活動を続ける。


[コンテンツ]
☆コテコテ・アルバム 100
登場アーティスト(一部)
ルイ・ジョーダン/ローランド・カーク/インタープリターズ/ジャッキー・ウィルソン&カウント・ベイシー/ジミー・スミス/グルーヴ・ホームズ/ブラザー・ジャック・マクダフ&デイヴィッド・ニューマン/ジミー・マグリフ//アレサ・フランクリン/ヒュー・マセケラ/ビッグ・ジェイ・マクニーリー/プリティ・パーディー/オーデル・ブラウン&オルガナイザーズ/ルー・ドナルドソン/ザ・ウドゥン・グラス feat. ビリー・ウッテン/ジョージ・ブレイス/ジェイムズ・ブラウン/グラント・グリーン/サム・クック/ビッグ・ジョン・パットン/モンゴ・サンタマリア/イリノイ・ジャケー/タイニー・グライムス 
キング・カーティス/ベイビー・フェイス・ウィレット/オーティス・レディング/ジーン・アモンズ/ウィリス“ゲイター・テイル”ジャクソン/モンク・ヒギンズ/デルヴォン・ラマー・オルガン・トリオ ほか

☆KOTEKOTE TALK ROUND 1
 [対談]浦風親方 (DJ Sikisima)
☆KOTEKOTE TALK ROUND 2 
 [対談]高橋利光 (ミュージシャン)
☆KOTEKOTE TALK ROUND 3 
 [対談]吉田哲人 (作曲家、プロデューサー、DJ)
☆全米コテコテ・マップ
☆コテコテ人脈図
  • 書店様及び弊社商品お取扱い関係者様へ
  • TOUR DREAMS
  • アート・オブ・スパイダーマン:スパイダーバース
  • スパイダーマン:スパイダーバース
  • tulle(チュール)
  • BLUES & SOUL RECORDS 予約購読キャンペーン
発売月
  • 「新編 代官山17番地」 ハービー・山口 / 著
  • ソール・ライター写真集 WOMEN
  • 横浪修×前野健太が
  • SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬
  • BLUES&SOUL RECORDS
  • BLUES&SOUL RECORDS WEB
  • tulle(チュール)
  • EYESCREAM
  • EYESCREAM.jp
  • SPACE SHOWER STORE
  • 電子書籍
  • メディア関係者の方へ
TO PAGE TOP