書籍
馬場のぼる作品集 絵本のしごと 漫画のしごと
↑画像をクリックすると大きくなります。

ベストセラー絵本「11ぴきのねこ」シリーズの生みの親、
馬場のぼるの創作の原点にふれる作品集


のんびりしているようで、
世の中を鋭く見つめているんじゃないか。
そんな11 ぴきと一緒に育ってきました
坂本美雨(ミュージシャン)

あらゆる本屋の棚に、置かれ続けて50 年。
「11 ぴき」は今日もニコニコしている。
その秘密が、この中に。
内沼晋太郎(ブック・コーディネイター)

馬場のぼるは、手塚治虫、福井英一と共に“ 児童漫画界の三羽ガラス” として「ポストくん」「ブウタン」などの人気作品を生み出し、その後、漫画で表現していた世界観をそのまま絵本の世界で表現していきました。

とくに、昭和42年に第一作が発表されて以来、約30年をかけて6冊を手がけた代表作の絵本『11ぴきのねこ』シリーズは、テンポの良いストーリー展開と奇想天外な結末によって多くの子どもたちを魅了し、現在まで続くロングセラーとなっています。


本書では、活動初期の貴重な漫画原画やラフスケッチ、アイデアノートなどの資料をとおして、漫画と絵本の世界を往還しながら、深い味わいをもったユーモア世界を生涯追究した漫画家・馬場のぼるの創作の秘密に迫ります。


○寄稿
・「11ぴきのねこ」の魅力     工藤健志(青森県立美術館 学芸員)
・馬場のぼるの絵本       佐藤英和(こぐま社相談役)
・馬場のぼるの漫画       多田ヒロシ(漫画家・絵本作家)
・「“ばばネコ”を、禁じ手にせよ」  豊田きいち(出版評論家)
・馬場のぼるがいた       板倉容子(青森県立美術館 学芸員)


○プロフィール:馬場のぼる
1927年、青森県三戸町に生まれる。1949年、上京し漫画家としてスタートした。その作品は、ほのぼのとあたたかい画風と深みのあるユーモア、独特の語り口で、幼児から大人まで幅広い人々の人気を集めている。漫画『ブウタン』で第1回小学館漫画賞、『11ぴきのねこ』で第15回産経児童出版文化賞、『11ぴきのねことあほうどり』と日本経済新聞連載の漫画『バクさん』で第19回文藝春秋漫画賞受賞。『絵巻えほん 11ぴきのねこマラソン大会』で、イタリアの子どもたちが選ぶイタリア・ボローニャ国際児童図書展エルバ賞を受賞。一連の業績に対して、1993年に日本漫画家協会賞文部大臣賞、1995年に紫綬褒章受賞。日本漫画家協会、漫画集団、漫画家の絵本の会に所属していた。2001年没。


※本書は2009年7月に発行された青森県立美術館『馬場のぼる展 「11ぴきのねこ」がやって来る ニャゴ!ニャゴ!ニャゴ!』図録を加筆訂正し、あらたに巻頭16ページを増補したものです。
  • 横浪修×前野健太が
  • SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬
  • ソール・ライター写真集 WOMEN
  • メイキング・オブ・レディ・プレイヤー1
  • 丸屋九兵衛が選ぶ、2パックの決めゼリフ"
  • tulle(チュール)
  • BLUES & SOUL RECORDS 予約購読キャンペーン
発売月
書籍ランキング
1 ON THE CORNER ―街と人々のスナップ― ON THE CORNER ―街と人々のスナップ―
ハービー・山口 / 中藤 毅彦 / 大西 みつぐ / 著
2 3日でまわる北欧 in ヘルシンキ 改訂版 3日でまわる北欧 in ヘルシンキ 改訂版
森 百合子 / 著
3 トーキョーサンドイッチガイド トーキョーサンドイッチガイド
トーキョーサンドイッチクラブ / 編
4 良い写真とは? 撮る人が心に刻む108のことば 良い写真とは? 撮る人が心に刻む108のことば
ハービー・山口 / 著
5 ソール・ライター写真集 WOMEN ソール・ライター写真集 WOMEN
ソール・ライター / 著
集計期間:2018/9/5~9/11
新着レビュー
  • 「エイリアン・ サバイバル・マニュアル」特設サイト
  • 電子書籍
  • BLUES&SOUL RECORDS
  • tulle(チュール)
  • EYESCREAM
  • EYESCREAM.jp
  • bmr.jp
  • SPACE SHOWER STORE
  • メディア関係者の方へ
TO PAGE TOP