書籍
bmrレガシー 灼熱のファンク・レジェンド


気安く「ファンキー」と呼ぶな!

ソウル・ミュージック黄金期。その裏街道をケバケバしく彩った毒の花……それがファンク!
より大胆に、パンタロンやタイツ、巨大アフロや特殊サングラス、マントや股間プロテクターで果敢に突き進んだ勇者どもの音楽だ。
この異形のリズムを担ったアーティストたちの秘蔵インタヴューが、甦る!
※彼らファンク巨星たちの過剰なファッションセンスを反映すべく、表紙カバーにはアニマル柄をあしらってみました
※前巻『bmrレガシー 栄光のソウル・レジェンド』とあわせてお読み下さい

[前書きより抜粋]
……ソウルは、語感からして立派である。なんといっても「魂」なのだから。しかし、それに対してファンクのほうは、もともと「臆病」「憂鬱」「悪臭」という意味なのである。だが、ネガティヴに見えるものに違う角度から光を当て新たな解釈を施すのは、彼らアフリカン・アメリカンの特質の一つ。だろう?
ソウルの根本が「アメリカ市民としての価値観の中で負けずに生きること」だとしたら……ファンクとは、それを超越して、違う宇宙に出かけてしまうような試みではなかったろうか。コード展開の減少、メロディ消滅、意味不明歌詞の頻出、常軌を逸した外見……ね?
本書に登場するアーティストたち全員が、その境地を目指していたとは思わない。だが、それでも「ファンク」「ファンキー」という言葉は、使うのにいささかの覚悟を要する……

【登場アーティスト】
GEORGE CLINTON
CAMEO
BOOTSY COLLINS
GAP BAND
OHIO PLAYERS
BERNIE WORRELL
MACEO PARKER
EARTH WIND & FIRE
PHILIP BAILEY
WAR
ROGER/ZAPP
LARRY GRAHAM
JB'S
FRED WESLEY
JAB'O STARKS
CLYDE STUBBLEFIELD

関連書籍:
丸屋九兵衛が選ぶ、2パックの決めゼリフ
丸屋九兵衛が愛してやまない、プリンスの決めゼリフは4EVER(永遠に)
丸屋九兵衛が選ぶ、ジョージ・クリントンとPファンク軍団の決めゼリフ
丸屋九兵衛が選ぶ、ストレイト・アウタ・コンプトンの決めゼリフ
丸屋九兵衛が選ぶ、ヒップホップの決めゼリフ
史上最強の台北カオスガイド101
bmrレガシー 永遠のウェッサイ
bmrレガシー 栄光のソウル・レジェンド
bmrレガシー ディアンジェロとネオ・ソウル
bmrレガシー スーパープロデューサーズ
THE BAWDIES: THIS IS MY SOUL
音楽誌が書かないゴシップ無法痴態
プリンス 戦略の貴公子
bmrプレゼンツ・ソングスター!
bmrプレゼンツ・サウス&ミッドウェスト!
ヒップホップ/R&B ランキング500![1990~1999]
bmrプレゼンツ・ディーヴァ!
bmrプレゼンツ・ラティーノ!
bmrプレゼンツ・ウェッサイ!
来日ブルースマン全記録
  • 書店様及び弊社商品お取扱い関係者様へ
  • TOUR DREAMS
  • アート・オブ・スパイダーマン:スパイダーバース
  • スパイダーマン:スパイダーバース
  • BLUES & SOUL RECORDS 予約購読キャンペーン
発売月
  • 「新編 代官山17番地」 ハービー・山口 / 著
  • ソール・ライター写真集 WOMEN
  • 横浪修×前野健太が
  • SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬
  • BLUES&SOUL RECORDS
  • BLUES&SOUL RECORDS WEB
  • tulle(チュール)
  • EYESCREAM
  • EYESCREAM.jp
  • SPACE SHOWER STORE
  • 電子書籍
  • メディア関係者の方へ
TO PAGE TOP