書籍
ナラ・レオン

ナラ・レオン没後20周年記念出版。

コパカバーナの少女時代から、激しい恋、ボサノヴァ誕生の真相、エリス・レジーナとの対立、映画監督との結婚、出産、病魔との闘い、そして亡くなるまでの47年という波瀾万丈の生涯を、知られざるエピソードをふんだんに盛り込みながら綴った伝記・決定版。

カフェ・ディモンシュの堀内氏による思い入れたっぷりの序文(8年越しの企画)、ディスコグラフィー付き。思わず手にとりたくなる装幀は『板尾日記』でおなじみの小野英作氏。

ボサノヴァ好きはもちろん、ナラ・レオンという一人の女性の生き方を通して、生きる力を伝えてくれる内容の濃い1冊です。音楽ファンだけでなく、多くの女性に読んでいただきたい、自身をもっておすすめできる作品です。

「ナラは、僕が夢見ていた女性像そのものだったんだ。愛嬌があって、繊細で、音楽的で、裏表がなくて、知的で、スイートで、教養があって、とにかく全て」

―ホナルド・ボスコリ

「ボサノヴァなんて眠くなるし興味がないわ」

―ナラ・レオン

ナラ・レオンって誰…?
Nara Leão(1942~1989)/「ボサノヴァのミューズ」と称えられた最も人気の高いブラジル女性シンガー。1950年代、コパカバーナにあった自宅に音楽仲間が集い、「ナラのサロン」としてボサノヴァ・ムーヴメントが広がっていったのは有名。71年にパリで録音された『美しきボサノヴァのミューズ』は現在もロングセラーを続け、ボサノヴァのカタログで最も売れている記録的1枚。

【著者プロフィール】
Sérgio Cabral/1937年5月リオ・デ・ジャネイロ市生まれで、ナラ・レオンより5歳先輩。ブラジルの音楽評論家としては第一人者として有名。音楽プロデューサーや作曲家としても作品を発表している。1982年からはリオ・デ・ジャネイロ市会議員も長年務めている。息子のセルジオ・カブラル・フィーリョは、2009年現在、リオ・デ・ジャネイロ州知事。

【監修者プロフィール】 
堀内  隆志/鎌倉のcafé vivement dimanche、雑貨店dois,CDショップclaroのオーナー。その傍ら、雑誌での連載、CDのリイシュー・コーディネート、コンピレーションCDの選曲・監修を手がけている。ナラ・レオン関連としては、2002年に『クラウディ・サイド・オブ・ナラ・レオン』、『サニー・サイド・オブ・ナラ・レオン』(ユニバーサルミュージック)、2008年に『ナラ・レオン全集』(ユニバーサルミュージック)。また、ラジオ番組の構成&パーソナリティなどジャンルを超えて活動中。BLOG:http://cvdois.exblog.jp/

【目次】
●日本語版出版に寄せて(堀内隆志)
●コパカバーナの少女
●プレイボーイ・ボスコリ
●亀裂
●左へ
●オピニオン
●反逆分子
●ア・バンダ
●ナラ・レオン・ヂエゲス
●二児の母に
●歌手として再び
●人生への戦い
●ナラを支えた人たち
●一縷の望み
●ディスコグラフィー

  • 横浪修×前野健太が
  • SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬
  • ソール・ライター写真集 WOMEN
  • メイキング・オブ・レディ・プレイヤー1
  • 丸屋九兵衛が選ぶ、2パックの決めゼリフ"
  • tulle(チュール)
  • BLUES & SOUL RECORDS 予約購読キャンペーン
発売月
書籍ランキング
1 3日でまわる北欧 in ヘルシンキ 改訂版 3日でまわる北欧 in ヘルシンキ 改訂版
森 百合子 / 著
2 3日でまわる北欧 in ストックホルム 3日でまわる北欧 in ストックホルム
森 百合子 / 著
3 ソール・ライター写真集 WOMEN ソール・ライター写真集 WOMEN
ソール・ライター / 著
4 青森県立美術館コンセプトブック 青森県立美術館コンセプトブック
青森県立美術館 / 編
5 良い写真とは? 撮る人が心に刻む108のことば 良い写真とは? 撮る人が心に刻む108のことば
ハービー・山口 / 著
集計期間:2018/8/1~8/7
  • 「エイリアン・ サバイバル・マニュアル」特設サイト
  • 電子書籍
  • BLUES&SOUL RECORDS
  • tulle(チュール)
  • EYESCREAM
  • EYESCREAM.jp
  • bmr.jp
  • SPACE SHOWER STORE
  • メディア関係者の方へ
TO PAGE TOP