著者情報
  • ソール・ライター
  • Saul Leiter
著者 ソール・ライター
1950 年代からニューヨークで第一線のファッション・カメラマンとして活躍しながら、1980 年代に商業写真から退き、世間から姿を消したソール・ライター(1923-2013)。
写真界でソール・ライターが再び脚光を浴びるきっかけとなったのが、2006 年にドイツのシュタイデル社によって出版された作品集だった。時に、ソール・ライター83歳。
この新たな発見は大きなセンセーションを巻き起こし、その後、展覧会開催や出版が相次いだ。
2012年にはドキュメンタリー映画「写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと」(日本公開は2015年)が公開され、その名前と作品はさらに多くの 人々の知るところとなる。
2017年に渋谷Bunkamura ザ・ミュージアムにて開催された「ニューヨークが生んだ伝説 写真家ソール・ライター展」(4/29~6/25)は、総入場者数8万3000人を超えるという大成功をおさめた。
関連書籍:
ソール・ライター写真集 WOMEN
  • 横浪修×前野健太が
  • SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬
  • ソール・ライター写真集 WOMEN
  • 丸屋九兵衛が選ぶ、2パックの決めゼリフ"
  • tulle(チュール)
  • BLUES & SOUL RECORDS 予約購読キャンペーン
TO PAGE TOP